現代版の手形割引!「ファクタリング」について解説致します。

ファクタリングとは?

ファクタリングに悩む

ファクタリングとは手形割引に変わる売掛サイトの早期回収方法です。
売掛金による債権を業者が買取をすることで、長い売掛サイトであっても早期現金化できる資金調達方法です。
従来の手形では、もともと取引方法を手形で発行している場合のみ裏書による譲渡が可能でした。
ファクタリングは元請と下請の双方でメリットが大きいことから、従来の約束手形から3社間ファクタリングに切り替える取引が増加しています。
また、手形ではなく請求書によって月末締めの翌月末払いなどで代金の振込や支払を約束(契約)する一般的な売掛金も2社間ファクタリングで早期回収することができます。
メリットの多いファクタリングはどんな場面で使うと有効なのかも確認してみましょう。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

 

2社間ファクタリングは、売掛金の支払いを待つ下請け業者(利用企業)とファクタリング業者で契約するもの。
3社間ファクタリングは売掛金を支払う元請業者からの同意を得て契約する方式です。
約束手形を発行していた企業は、売掛金によって着金が遅れるけど、必要だったら手形割引や裏書で第三者に譲渡することを認める意思表示も含まれています。
もともと約束手形を使っていた取引では、3社間ファクタリングを選ぶケースが多いです。
ファクタリング業者からしてみれば、元請会社が売掛債権を譲渡することに同意をしているので、回収不能になるリスクが少ないと判断して、好条件で買取をしてもらえます。

 

手形ではなく、通常の請求書のみの売掛金で取引している場合は、元請にファクタリング業者を噛ませる相談をすると、「この会社は資金難なのか?」、「この会社と付き合うと手続きが面倒」など理解を得られずに悪い印象を与えてしまうことがあります。
元請の気分ひとつで仕事量が減ったり、取引を打ち切られてしまうような場合は、ファクタリングの相談をすること自体にリスクがあります。
そんな時は2社間ファクタリングをすると、元請(売掛先)に知られずに売掛債権を譲渡して早期現金化をできます。
2社間ファクタリングの場合は、元請けから通常通りに自社の口座に振り込みしてもらって、着金してからすぐにファクタリング業者に代金を支払う流れになります。
ファクタリング業者からしてみれば、元請けが破綻して売掛金を支払わないだけではなく、ファクタリングを利用した企業が破綻して回収するのが困難になったり手間を取られるリスクがあります。
当然、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングに比べて手数料が高くなります。
では、どのくらいファクタリングの手数料が高くなるのか?コストがお得なのはファクタリングと手形のどちらなのか比較してみました。

 

 

ノンリコース(償還請求権なし)の契約が主流

ファクタリングで信用を得る

ファクタリングはリコースとノンリコースの2種類があり、主流になっているのは償還請求権なしのノンリコースです。
ノンリコースのファクタリングを利用すると、元請が破綻した場合でも債権を譲渡したファクタリング利用企業が弁済する義務はなく、回収や取り立て、損失等は全てファクタリング業者が行ってくれます。
ファクタリングは小規模業者や個人事業主から人気になっていますが、大手が下請け、小規模業者が元請の形で取引をする際に、万一小規模業者が破綻してもいいように、大手が信用保全を目的にファクタリングの利用を求めてくる場合があります。
大企業が新しい取引先を増やす時は、社内審査をして複数の承認を得るなど時間と手間をかける必要がありましたが、ファクタリングをすると代金を回収できなくなるリスクが回避できるため、新参業者同士で競争させて、その時に一番良くて安いサービスを利用する業者と取引できるようになります。
融資で払う利息よりファクタリング手数料の方が高いですが、償還請求権なしのメリットがあるので、他の資金調達方法も取れる中であえてファクタリングを利用するケースも良く見られます。

 

 

クリニック、介護、調剤系のファクタリングは特殊

 

ファクタリングの条件は元請(売掛先)の信用度で決まります。
クリニックの診療報酬債権、介護事業者の介護報酬債権、薬局の調剤報酬債権は健康保険や介護保険組合を相手にしたもので、適切な請求をすれば支払拒否をされることはありません。
3社間ファクタリングを確実に結べて、回収できなることはありえないので、通常の3社間ファクタリングよりも好条件で利用できます。
ファクタリングを大きく分類すると2社間と3社間ですが、3社間ファクタリングの中でも民間企業を相手にしたものと、公的保険を相手にしたもので分けて扱われています。
一部のファクタリング業者は診療報酬債権ファクタリングを専門にしたり、独立した部署を用意しているケースがあります。
約束手形を使っていなかった業種で3社間ファクタリングがメインになる特殊です。
通常の3社間ファクタリングは手形割引の代用になるもの。2社間ファクタリングと診療報酬ファクタリングなどは、比較的最近生まれた新しい資金調達法です。

 

 

なんで約束手形じゃダメなの?

ファクタリングの疑問を解決

 

現在も約束手形を活用している業者は多数ありますが、ファクタリングに切り替えるところが増えています。
約束手形は銀行を介して信用で取引する後払い決済です。
利用するには元請け、下請けともに銀行を相手に手続きをする必要があるので面倒なことも多いです。
ファクタリングが普及した要因のひとつになったのが、2008年ごろに急増した約束手形を偽造した犯罪の増加です。
約束手形は企業同士で契約する売掛金よりも安心で安全な取引方法として普及しましたが、昨今は約束手形の安全性が崩れたことを問題視され、それであれば通常の売掛金にした方が効率が良いと経営者の考え方が変わってきました。
売掛サイトが長くて下請けが早期回収を希望するならファクタリングで対処すればお互いに手間が少なることから、ファクタリングは約束手形のシェアを奪う形で普及しました。
コチラでファクタリングの需要が上がった理由をご紹介してます。

 

また、小規模な事業者であっても対応可能な、個人事業OKのファクタリング会社「アクセルファクター」は、債権の額が「~300万円」となっており、ご利用しやすい会社です。
柔軟な対応姿勢なところも非常に魅力的になっております。
小規模の企業や個人事業を営んでいる方にもオススメ出来るファクタリング会社です。