資金調達のために知っておきたい手形の種類をおさらいしましょう。

約束手形

大量の1万円札

「約束手形」とは、手形を受け取る相手に対して支払いの期日や金額を明記して公的な約束を取り付ける事ができるもので、会社にとって資産の1つとして数えられます。
支払いの期日は最長2ヶ月と中長期的な場合が多く、 比較的短期間で資金を手に入れることのできる売掛金と比べると“即時性はなく信用性は高い”取引手段となります。

 

為替手形

約束手形の取引の仕組みの中に「手形を受け取る特定の企業Z社」を加えた3者間で行う手形取引になります。
本来なら手形を発行する“X社”と手形を受け取る予定の“Y社”のみで完結する取引の外で、Y社が“Z社”に対してお金を借りていた場合、そのお金をY社→Z社に直接返済するのではなく、X社から貰う予定の手形(お金と同等の価値)をX社→Z社に渡してもらうことで支払いを完了させることのできる手形のことを「為替手形」といいます。

 

白地手形

白地手形」とは、本来の手形を発行する際に記入しなければいけない事項を記入せずに引き渡す事のできる手形になります。
基本的には必要事項が必ず記載されていなければ“無効”となってしまうのが手形取引ですが「金額や支払時期が後日決定するという事実が確定している」場合に限っては白地手形のような特殊な手形を発行することが出来ます

 

現在日本の企業間の手形取引においては約束手形を主とし、為替手形、そして白地手形を含めた3種類の手形取引が利用されています。

 

目的によって変わる手形の呼び方

日本で利用される手形の多くは上記でご紹介した3種類に当てはまるものになりますが、使用目的によって名前がつけられた手形が他にも2つほどございます。
利用頻度は少ないですが、資金調達を考える上で覚えておいて損はないでしょう。

 

商業手形

約束手形や為替手形のような手形取引を、まとめて「商業手形」と呼ぶことがあります。
企業間の取引において手元に現金がない場合に、手形を発行することによって代金を支払うことの全般を指す金融用語です。

 

簿記会計上の“支払手形”や“受取手形”も商業手形にあたります。
商業手形は代金回収の信頼性が高いことから、掛代金とは区別して利用される傾向にあります。

 

融通手形

経済的な信用度が高い人が、企業に代わって手形を発行して現金の調達を助けるために用いられる手形のことを言います。
実際の取引は行われていないため、手形を現金化する際は少しセンシティブな扱いになることが多いでしょう。

 

資金調達手段として覚えておきたい手形

電卓を片手に手でOKマークをつくる女性

利用は減少傾向にある手形取引ですが、経理に必須のスキルである“簿記”の処理においては基本的な資産(有価証券)の取引に当たります。
また、この機会に企業として発行することのできる手形を再確認することで資金調達の手段を見直してみてはいかがでしょうか。